新着情報 Facebookページで最新情報発信中

What's 静岡おでん

真っ黒な汁や、独特な種や食べ方を特徴とする静岡おでん。
主に牛スジをダシとした各お店それぞれのレシピで作った汁の中に、
具材を串で刺してじっくり煮込んでいます。

【 静岡おでん五ヶ条 】

  •   黒はんぺんが入っている。
  •   黒いスープ。
  •   串に刺してある。
  •   青海苔、だし粉をかける。
  •   駄菓子屋にもある。

静岡おでんとは?

静岡おでんの歴史

おでんの始まり

おでんの始まりは、串に刺した豆腐の味噌焼き。
その名称は、串刺しの豆腐の姿が1本の竹馬で跳ねて踊る
「田楽舞」に似ていることから、田楽→お田(おでん)となりました。
おでんは江戸の町で「屋台料理」として広まりました。

焼いた豆腐に味噌をつけて食べていたものから、こんにゃくや里芋が
田楽に使われるようになり、これを煮込んだ「煮込み田楽」が江戸時代末期に登場。
この「煮込み田楽」が関西に伝わると、従来の田楽と区別するため、
「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれるようになりました。

(新井 由己氏の文章より抜粋)

そして静岡のソウルフード「しぞーかおでん」。その歴史は大正時代に遡り、戦後の食糧難の折、それまで処分していた牛スジや豚モツを材料として煮込んだことで広まったとも言われています。

現静岡市の周辺には焼津や由比など新鮮な水産物を水揚げする港があり、練り製品の製造が盛んだったことも静岡おでんが独自の発展をとげた一因でしょう。 昭和30年代初頭には静岡市の目抜き通りに100を越える屋台が立ち並び、仕事帰りの勤め人の疲れを癒していたようです。

その後の都市開発で屋台は姿を消しましたが、「青葉おでん街」「青葉横丁」という今も賑わうおでん街として残っています。 静岡おでんを大きく分けると「居酒屋系」と「駄菓子屋系」に分かれ、大人から子どもまで市民に広く親しまれています。

子どものころは学校の帰りに近くの駄菓子屋さんに寄っておでんを頬張った思い出を持つ方も多いのでは。大人たちも集い、世代を超えた交流が生まれていたのも静岡おでんの特徴です。

静岡おでんの思い出

学校前の駄菓子屋の思い出

子供の頃どこの小中高校の前や近くに駄菓子屋さんがあり、誰もがよく寄りました。
食べた串の数でお勘定するのが普通で、1本くらいごまかした記憶もあるような・・・

大浜プールの思い出

大浜プールの桟敷(さじき)で、冷えた体をおでんで温め、カキ氷を食べた・・・
「おいしかったぁ~」

おでん横丁の思い出

大人になって市役所前の青葉通りの屋台おでん街で一杯やるのが
飲み始めのスタイルだった。裏のバケツで食器を洗ったりしていたが、
あの頃は何とも思わなかったな・・・

静岡おでんの種

すじ

水産練製品の一種として昔より「すじ」という商品があります。かまぼこやちくわと並んで一般用語です。 しかし、余り商品的にメジャ-でない為、大きなお店でも販売してないものになりました。 かまぼこを製造する段階で魚のすじを抜く作業を裏ごしといいますが、その行程においてかまぼこにならない部分を加熱した造った物がすじでした。色も黒く形も不定形でゴリゴリ歯ごたえのある練り製品でした。
今は生魚を使う事が少なく、「スケソ-スリミ」、「グチスリミ」等で造られていますが、色も形もスマ-トになりました。水産関係者が「すじ」というと練り製品を思い浮かべる原因かと思います。ある水産関係者よりお聞きしました。

黒はんぺん

静岡人にダントツ一番人気のおでん種は“はんぺん”。
しかし、どこを見ても、おなじみの白いはんぺんは見当たらない。はんぺんを注文して出てきたのは“黒はんぺん”。これが「静岡おでん」の象徴。
「歯応えがある!」「おいしい!」 やってきたのは海産物の水揚げ量日本一を誇る焼津港。黒はんぺんの製造工程を昭和5年創業の黒はんぺんの老舗「山下商店」で見せてもらうと、黒はんぺんの正体はサバとイワシを使った練り物で、つみれに近いもの。骨も皮も取り除かずに使うので、色が黒く、カルシウムが豊富。
地元の人は、ほとんど毎日食べるというこの黒はんぺん。おでんだけではなくフライにしたり、身近な食材として親しまれています。 静岡おでんには欠かせない黒はんぺん。
日持ちしないため、その消費の9割が静岡県内です。

静岡おでん応援団

PAGE TOP